【後味の悪い話】キノの旅「平和な国」

110: 774号室の鬼女様 2008/03/08(土) 00:15:50 ID:2h1wWKh80

戦争で後味悪いといえばガイシュツだろうけどキノの旅「平和な国」。

キノが立ち寄った国は戦争で人が死なない平和な国だった。
その国の歴史資料博物館で、キノはその平和のわけを尋ねる。
その国は「戦争」をする軍隊はあるが、国民に被害は絶対でないそうである。
博物館の館長はその国の隣国との長い戦争や戦争の被害を語り、
翌日に詳しい「平和」のわけがわかるという。

その翌日、キノは「戦争」を見学することになった。
隣国の軍隊とその国の軍隊は近隣に住む先住民族を虐〇し始めた。
戦争とは名ばかりで、限られた時間で何人先住民族を〇せるかで
戦争の代わりに勝敗を決めていたのだ。

自国民に被害はなくても、先住民族はどうするのかとキノは館長に問う。
平和には犠牲はつきもの、私たちに犠牲がなければ他の誰かが犠牲になるしかないという。
館長も自身の子供を戦争でなくしていた。隣国も同じ悲しみを抱えていたので、
このような方法で自身の犠牲をなくしているのだという。

平和な国を出国してからキノの前に先住民族がやってくる。
「あなたには罪はないけれど、このままやられていく私たちのために〇されてください」
キノは銃で襲い掛かる先住住民をけん制すると、先住民族は逃げていった。
〇された先住民族はカウントされるために死体を持っていかれ、埋葬もされないという。
誰もいなくなった道をキノは次の国へ向かった。


1000: オススメ記事 2020/05/17(日) 00:00:00.00 ID:kairanbanblog



111: 774号室の鬼女様 2008/03/08(土) 01:59:29 ID:F5faDB6A0

てか戦争しなきゃいいのにね


112: 774号室の鬼女様 2008/03/08(土) 09:01:32 ID:6J8u+9bl0

自分側の先住住民にこっそり武器とか戦略とか教えて
敵が来たときになるべく〇されないようにすれば自分の国の勝ち。

互いにそんなことしてていつか武力をもった先住民族たちの
反乱がおきて、平和な国は先住民族の国になりました。
んでまた同じ代理虐〇→反乱の鬱ループとかしてそうだ。


113: 774号室の鬼女様 2008/03/08(土) 09:32:39 ID:a3V7BMcO0

つーかそんな代理戦争、仮に先住民を多く〇して戦争に勝ったとしても敗戦国が大人しく「はい、負けました」って引き下がるとは思えないけどね。
むしろ先住民との戦いで疲弊した戦勝国の方があっさり敗戦国側に負けて終わりそうだ。

代理戦争の成り立ちからして破綻しすぎている。考えた奴は頭悪いだろ。


1001: こちらも読まれています 2020/05/17(日) 00:00:00.00 ID:kairanbanblog




引用元: 後味の悪い話 その84

この記事へのコメント