【後味の悪い】私が小学校低学年のときの話。私が通ってる小学校までの道のりに、駄菓子屋さんがあった。

281: 774号室の鬼女様 2009/09/16(水) 04:38:46 ID:54K+1FGd0

些細なんだけど、私が小学校低学年のときの話。

私が通ってる小学校までの道のりに、駄菓子屋さんがあった。
駄菓子屋のおばあちゃんはとても優しくて、
私はいつも登校中ににおばあちゃんに会って、
帰りに駄菓子を買って帰るのが日課になっていた。

ある日、いつものように行きにおばあちゃんに会った。
おばあちゃんはいつものニコニコした顔で
「今日でお店を畳むことになったんだよ。帰りにまた寄ってってね。」
と言った。
「まだお店やってるの?」
「やってるよ。大丈夫だよ。」
「うん。絶対買いに行くね。」

そのときは早くしないと店が閉まりそうで、「早く帰らないと」と思ってたけど、
忘れっぽい私は1日学校にいておばあちゃんとの約束はすっかり忘れてた。
帰りの会が長引いて、4時半くらいに私は一人で帰り道を歩いてた。
駄菓子屋さんの近くに来たときに約束を思いだして慌てて中に入ったら、
おばあちゃんはいなくて、工事の知らないおじさんたちがたくさんいた。
駄菓子はまだそのままだったけど、おばあちゃんを呼ぶ勇気も無く、そのまま会わずに帰った。
子供心に約束を守れなかったことを悔やんだ。
もう10年以上も前の話だし、引っ越したからあのおばあちゃんが元気でいるかは分からない。
今でもときどき思いだして胸のあたりがきゅっとせつなくなります。

すごく個人的なことだったのでスレチだったらスミマセン><


1000: オススメ記事 2020/05/17(日) 00:00:00.00 ID:kairanbanblog



282: 774号室の鬼女様 2009/09/16(水) 09:41:33 ID:Xjwjl57Y0

>>281
きっと、おばあちゃんが思い出すのは毎日あいさつしてくれてた女の子がいたな
っていう思い出で、最後に会えなかった事は二の次だとおもうよ。


285: 774号室の鬼女様 2009/09/16(水) 11:06:31 ID:zE+g8Ykj0

>>282
多分晩飯食った5分後にはなに食ったかも、食ったことさえも忘れてると思うよ


1001: こちらも読まれています 2020/05/17(日) 00:00:00.00 ID:kairanbanblog




引用元: 後味の悪い話 その108

この記事へのコメント